2008年5月25日日曜日

080524 楽座プレゼン終わりました

江楽座のプレゼンをしてきました。

「近江楽座」とは、「地域活性化への貢献」をテーマにした学生主体の様々なチームを応援する組織で、
具体的には予算面でのバックアップをしてもらえます。予算は、申請するチームの学生が100万円以内で年間の予算書を作り、楽座事務所に提出します。申請が通ると、予算を使えます。
Aプロジェクトの応募は全部で22組あり、そのうち20組くらいがとおります。
TTPもAプロジェクトの1つとして活動テーマや今年度の活動内容をパワポを使って発表してきました。

審査員は、
県大理事 土屋さん 
人文 濱崎先生(近江楽座専門委員会委員長)
人文 森川先生(近江環人地域再生学座担当)
マキノまちづくりネットワークセンター 藤原さん (近江環人2期生)
犬上川を豊かにする会 佐々木さん (滋賀県立大学OB)
の5人です。(私も今知りました)
 
 各チームの発表の後に、楽座の活動としてふさわしいかどうかをふまえて質疑応答の時間があるのですが、
いろいろ突っ込んだことを聞かれるのでみんな1番緊張する時間ではないかと思います。
TTPもいくつか質問を受けましたが、なんとか答えることができた・・・かな?

採択結果は、28日(水)楽座のHPで発表です。


投稿:稲葉


2 件のコメント:

TTP さんのコメント...

お疲れ様でした☆ありがとうございます。
準備から大変やったと思います。みんな感謝です!

おがわ

おおはし さんのコメント...

おつかれさまです。
プレゼン良かったと思います。
結果は気楽に待ちましょう。