2008年6月4日水曜日

080601 まちあるきレポートやおやま

 まちあるき、お疲れ様でした。多賀のいろんなところを実際歩けて、とても楽しかったです。  

 午前中は、絵馬通りを歩きました。商店街の人の話をいろいろ聞けました。まちのことを知るのに住んでいる人の知識の豊富さに勝るものはないと感じました。今回で終わりではなく、これからも意見を頂けたらなと思いました。


 午後、まちあるき日常班は、門前町、多賀中学校周辺、八重練を歩きました。住民の日常を見たいと歩いたのですが、車で出かけているのか、人よりも、猿、犬、猫、鴨、など動物の方が見かけた気がしました。自然が豊富なところも多賀の魅力ですね。
 そして、最後に何かなぁと建物を見ていたら、中から鍵を開けてくれました。それが、四谷山麓庵です。
 その方が写真の真ん中の方で、左が山麓庵の建築に主に関わった方で、右が館長さんです。
 その日、山でしとめたという鹿の燻製や、つかんできた魚をご馳走になりました。おいしかったです。山麓庵は、婦人会、子ども会、老人会などで運営されています。これから関わりを深めて、幅広い年齢の方の意見を聞きたいと思いました。

2 件のコメント:

おがわ さんのコメント...

多賀町に住む新たな人たちとの出会い。
「日常」チーム、ファインプレイです☆
鹿の薫製俺も食いたかったな〜

おおはし さんのコメント...

四谷山麓庵?って地図の左端にあるやつ?
知らんかったなぁ

まちのひとの知恵、また公表してちょ